長期・中期投資家向けのコラムは参考になる?

長期・中期投資家向けのコラムを紹介する女性ミリオンストック投資顧問は、株式会社NEOが運営する投資顧問会社で、個人投資家を主なターゲットとしています。
運営会社の株式会社NEOは、金融商品取引業者として金融庁からの登録を受けています。
2016年12月からスタートした新しい投資顧問会社ですが、相場歴30年を誇るチャート分析の達人である橋本明男氏と、ファンダメンタル分析に強い堀篤氏の両アナリストが在籍しているということで、少しずつ存在感を高めています。

ミリオンストック投資顧問には、いくつかの有料プランが準備されていますが、無料会員登録だけでも試してみる価値があると評判です。
その理由は、無料会員でも銘柄紹介をしてもらうことができ、コラムの閲覧も可能だからです。
中でも、コラムは多くの会員から参考になると評判を集めていますので、以下にその特徴をまとめていきます。
なお、ミリオンストック投資顧問では、最高顧問の橋本明男氏による「わしの罫線」、特別アドバイザーの堀篤氏による「情報通の早耳コラム」の2種類が発信されています。

まず、橋本氏による「わしの罫線」は、株式市場が開く平日の夕方頃に毎日発信されます。
罫線というタイトルからもイメージできるように、チャート分析を主体とする内容です。
橋本氏独自の「相場観測法波動」は、多くの投資家の資産を増やした実績のある分析法です。わしの罫線では、この理論に基づいたチャート分析が行われます。
気になる内容は、日経平均やトピックスに関するチャート分析はほぼ毎回行われ、橋本氏が注目している個別銘柄が紹介されることもしばしばあります。
個別銘柄の紹介は日経平均やトピックスなどとの比較によって行われ、上昇が出遅れている銘柄などが紹介されます。
中長期タイプの投資家に有意義な内容とされています。

一方、堀氏が執筆する「情報通の早耳コラム」は不定期の発信です。
海外事情も含め、高い洞察力が込められた内容となっており、今後の相場展開の予測をするうえで大いに参考になると評判です。
堀氏は過去に大手証券会社や、上場企業の役員を務めた経験を持っており、人脈に基づく情報発信も行っています。
世界の経済や金融情勢、企業情報など、さまざまな角度から紐解く相場分析は、利用者からも高い評価があります。

以上のように、ミリオンストック投資顧問を活用すると、テクニカル分析とファンダメンタル分析の両方から相場を占うコラムを閲覧することができます。
いずれも中長期目線の分析となっていますから、中長期タイプの投資家に有意義な内容です。

あわせて読みたい記事