投資顧問会社が入るビル群

ミリオンストック投資顧問は長いキャリアと実績を持つ投資顧問会社です。多くの投資家から支持を受け、クライアントを拡大しています。
一方で、ミリオンストック投資顧問を批判する口コミもインターネットを中心に広がっています。
「アドバイスが参考にならなかった」「言うとおりの銘柄を買ったら損をした」などの口コミと、ミリオンストックの実績にはギャップがあり、戸惑う投資家もいるでしょう。
ここでは、ミリオンストック投資顧問の口コミの真実について見ていきます。

ミリオンストックの口コミの低評価は全て本当?

口コミの評価について話し合う投資家たちミリオンストック投資顧問の口コミ評価をネットで見ると、低評価がやや目立っているように見受けられます。
しかし、そのすべてが真実と信用してしまうのは早計です。

投資顧問業界は競争率が高く、ミリオンストック投資顧問とクライアント獲得を争うライバル社のステマの可能性も捨てきれないからです。
口コミサイトの多くは投稿者の認証や選定を行っていません。
つまり、誰でも簡単に口コミを投稿できますし、内容についての真偽も問われていない傾向があります。

口コミサイトを利用した攻撃をしかけてくるライバル社がいたとして、ミリオンストック投資顧問側に予防する手立てがないのが現実です。
こうしたステマ攻撃が相次いだ結果、あくまでも口コミの統計だけでミリオンストック投資顧問を悪評認定しているサイトも少なくありません。

しかし、低評価だからと切り捨てるべきなのかは正直迷うところです。
ミリオンストック投資顧問への批判を見ていくと、具体性に欠ける内容や事実誤認も混ざっており、やや信用に欠けます。

なかには、単に主観的な攻撃に終始している書き込みもあり、「ミリオンストックは悪徳業者である」と断定できる証拠としてはやや物足りません。
インターネットの情報に流されるまま、悪評認定してしまうのは危険な判断でしょう。

投資顧問を利用しても損切りは絶対に必要

ミリオンストック投資顧問も含め、投資顧問を利用したとしても絶対に損失が出ないわけではありません。
投資の世界は変化が激しく、わずかな判断の遅れが命取りになることも少なくないのです。
一時的に莫大な利益を出せた銘柄であっても、価値が下落し浮上しない場合もありえます。
ときには損失を少額で抑えるための損切りも必要です。そして、ミリオンストック投資顧問を批判する人のなかには、損切りに失敗した人も含まれています。

「プロだから頼り続けていれば利益を出せる」と思い込み、投資顧問の助言に頼りすぎると自分で物を考えなくなり、損切りのタイミングを誤りがちです。
その結果、損失が出た後で投資顧問を逆恨みし、叩く側にまわる利用者もいます。

しかし、ミリオンストック投資顧問が利用者に与えているのはあくまで「助言」であり、「絶対に正しい」という言い方はしていません。
常に状況が変化する投資の世界を完璧に予想するなど、プロの投資顧問でも不可能だからです。
だからこそ、投資家はプロに依存するだけではなく自分で知識量を増やす努力が肝心です。

そして、プロの言葉をうのみにせず、自分でも状況を見渡し続ける努力が求められています。
損切りによって損失を少額に抑えられるかどうかは、投資顧問の言葉だけでなく投資家本人の判断力にもかかっているのです。

悪徳投資顧問の特徴と実際にあった金融被害とは

金融被害について話し合う投資家たち悪徳投資顧問会社の特徴としては、「絶対間違いない」「今しかない」と利用者にプレッシャーをかけるような言動があてはまります。
悪徳投資顧問の目的は自社の利益しかありません。そのため、情報の真偽にかかわらず利用者に高額サービスを契約させることに神経を注いでいます。
投資家の思考を育て、自力で投資ができる人間を育てようとする優良な投資顧問との大きな違いでしょう。

金融被害を招く悪徳投資顧問は「ターゲットを極端に選定する」という特徴もあります。
実際に「高齢者」や「企業経営者」の資金を目当てにして、甘い勧誘文句で忍び寄ってくる投資顧問は少なくありません。
こうした投資顧問は偽の誇大広告を前面に押し出し、強引に利用者を獲得していきます。
しかし、誇大広告は行政処分の対象になる行為であり、投資家からすると危険信号の一つです。

金融被害のなかには、「新しい情報でだます」パターンも目立ちます。
情報が出回っていない新商品、新サービスについての銘柄を高額で進めてくるのは悪徳投資顧問ならではのやり口です。
ミリオンストック投資顧問の口コミは低評価もあるため、実状を調べてみたところ悪徳業者の条件にはそれほどあてはまりませんでした。
偽の口コミにだまされず、投資家ひとりひとりが自分の目で真実を確かめる意識を持ちましょう。